血糖値上昇抑制効果に期待 新しいオリゴ糖「メープルビオース」発見

2019年12月6日

近畿大学との共同研究により、メープルシュガー・メープルシロップにメープル特有の天然のオリゴ糖「メープルビオース」が含まれていることを発見しました。
これまでに知られているオリゴ糖とは違う、メープル由来の新しいオリゴ糖です。
メープルビオースは、動物実験で砂糖の主成分であるショ糖に対しごく微量0.11%を加えるだけでショ糖のみの場合と比べて血糖値の上昇を約半分に抑えることが確認されました。

本件に関する論文は分子科学分野の学術誌”International Journal of Molecular Sciences”に2019年10月11日オンライン掲載されました。

図 ショ糖経口投与時におけるメープルビオースの血中グルコース濃度に対する影響

学校法人近畿大学 ニュースリリース「メープルシロップの血糖値上昇抑制効果に期待 新しいオリゴ糖「メープルビオース」を発見」

これまでの研究で、メープルシュガーそのものとショ糖をそれぞれ摂取した場合の比較でも30%の食後血糖値上昇抑制を確認しています。
下記が健常ラット・糖尿病ラットならびにそれぞれ若齢・高齢いずれでも血糖値上昇を有意に抑えていたことを検証した論文です。(Journal of Oleo Science掲載)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jos/62/9/62_737/_pdf

※「メープルビオース」は株式会社メープルファームズジャパンと近畿大学の登録商標です。